【WakuWaku Job Fair】シラパコーン大学へ訪問!

スクリーンショット 2015-09-30 9.14.49

バンコクから西へ2時間。

WakuWakuは、ナコンパトム県のシラパコーン大学へ。
日本語を専攻する学生たちを訪問しました。

WakuWakuでは、タイ王国のトップクラス大学へ訪問し、
Resume(履歴書)の書き方の指導をするとともに、
学生のみなさんと交流しています。

スクリーンショット 2015-09-30 9.58.44

【シラパコーン学生は、どんな傾向?】

タイ王国のプリンセスの出身大学として、
タイ最高峰の芸術大学としても有名なシラパコーン大学。
最初の印象がレジュメ(履歴書)を書くスピードが圧倒的に早く、
文字がキレイということです。

タイ最高峰の芸大とあり、受験のハードルが高いこともあるので、
自分で思考する能力が高く、芸術に囲まれている分、
キレイな文字を書くことへの教育が行き届いているのでしょう。

スクリーンショット 2015-09-30 9.59.14

 

【やはり、キーワードは芸術】

日本では東京学芸大学に留学していたという女性は、
茶道や生け花をたしなむといいます。
彼女をみて、日本人よりも日本的な芸術志向をもっているように感じました。

ほかの男子学生は、ボーカロイド(ロボットの声)のデータを使って、
日本のニコニコ動画へ音楽を発表するなど、
日本のオタク文化を反映したような方ともお話しできました。

総じて、芸術を通して自己表現することが得意な方が多いと感じます。

スクリーンショット 2015-09-30 9.58.10

【こぼれ話】

ナコーンパトム県は、バンコクから1時間少々でアクセスができ、
壮大な寺院や、碁盤の目で都市計画から、バンコク、チョンブリーに比べ、
とても落ち着いた、住みやすい街が形成されていました。
日本語の先生方も、5年~10年以上、シラパコーン大学で勤務されていると、
その過ごしやすさをお話しされていました。

Wakuwaku Seminar at Silapakorn University, Thailand from wakuwaku on Vimeo.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です