【WakuWaku Job Fair】出展企業 KCC(ルタオ) 様の事例

 

第2回も北海道から出展いただく洋菓子大手KCC(ルタオ)様から、
WakuWakuでの成果を報告いただきました。

スクリーンショット 2015-09-30 10.06.20

 

【タイ人の北海道ブームが生んだ、新しいニーズ】

タイでビジネスをされている方は、よくご存知だと思いますが、
雪をみたことのないタイ人にとって、北海道はあこがれの旅行先です。

近年、日本への旅行ビザ解禁や
バンコクから千歳空港への直行便が就航したことにともない、
多くのタイ人が北海道へ訪れているのは、喜ばしい事実ですね。

(2015年現在) KCC様はタイに進出していませんが、
北海道で働くタイ人人材を探すべく、出展していただきました。

top_map


【採用成果は?】

航空便のスケジュールの調整がうまくいかず、
開催2日目のみの出展となったKCC様、
それでも日本で働いてみたいタイ人応募者が殺到しました。

<レジュメ/面接> 50名以上
         その後スカイプ約10名
<最終面接> 4名
<内定> 3名

タイでは日本語人材を探す場合は人材紹介会社の利用が一般的であり給与2-3ヶ月分のフィーが一般的ですが、
タイ人人材も日本では日本人の初任給程度の給与以上が妥当とされていますので、
1人の採用コストを仮に、20万円×2ヶ月分=40万円と試算します。

40万円×3名=120万円 以上
(WakuWaku試算 120万円=約35万バーツ)
採用コスト削減といえます。

 

スクリーンショット 2015-09-30 10.10.38

出展ブースでは、ルタオブランドの洋菓子商品の試食も行い、大好評。
ルタオブランドを知らなかったタイ人の方にも大きな印象を残しました。
北海道旅行のお土産=ルタオという認識も格段にあがったことでしょう。

「効率採用はもちろん、企業情報もアピールできる就職フェア」

WakuWakuの第2回は、もうすぐ出展者締め切りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です